オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 ノルウェイの森 』

強く生きること。深く愛すること。

1987年刊行された村上春樹の小説「ノルウェイの森」。
自殺した親友キズキの恋人だった直子と、大学の同窓生・緑との間で揺れ動く主人公ワタナベの青春のもがきを描いた究極の恋愛物語。愛することの優しさ、生きることの強さを描いた限りなく深く、限りなく美しい物語。


我々はその哀しみを哀しみ抜いて、

そこから何かを学びとることしかできない。

村上春樹の作品が好きな私は、もちろんこのことを衝撃的事件くらいの感覚で受け止めていました。

映画化というのは、それくらい大きなことです。

春樹の世界そのものが、そのまま描かれることは
絶対にないだろうと決め付けておりましたので、
この作品に関しては、「そうだ、別物として観ようではないか」といった感じで観ました。

そして今、この感想を書くことを軽く拒否ってます。。

非常に難しい・・・ですな。

すべては省略されて描かれており、それはそうするしかないのでしょうが、
やっぱりもうすでにイメージが完成されているものの
映画化した作品を観るということは、そこに違和感を感じてしまうものなのでしょう。

すでに、私の中の直子のイメージと菊地凛子の感じからして違ってて、
こういうことを言い出したらキリがないのでもう言いませんが、
細かい台詞やら仕草やら・・・
ここはこんな感じで言ってほしかった、とか
そこはもっとこういう雰囲気で、みたいな。
なんだか監督みたいな言い草ですが(笑)

でも元は小説なんだから、読む人によってはまったく違った形として生きているものでしょう。
そう考えると、この映画作品が私とは違って、
ぴったりと上手くハマッたという人もいるのでしょうね。


監督:トラン・アン・ユン
原作:村上春樹「ノルウェイの森」
出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、初音映莉子、玉山鉄二
ノルウェイの森
スポンサーサイト
  1. 2010/12/12(日) 17:54|
  2. 邦画
  3. | cm:2
  4. | tb:0

comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/12/08(木) 10:45 |
  2. url |
  3. [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/11/07(水) 19:46 |
  2. url |
  3. [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。