FC2ブログ

オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 トイレット 』

ホントウの自分でおやんなさい。

「人生は退屈の繰り返しに耐え忍ぶことだ」
そう信じて生きてきたプラモデルオタクの青年レイ、引きこもりピアニストの兄モーリー、エアギターで自分を表現しようとする大学生の妹リサ。バラバラに生きてきた3人が、生前母親が日本から呼んだ“ばーちゃん”と一緒に暮らし交流していく中で、次第に心の扉を開いていく。


ゆっくり、じんわりと心に広がる感動。

布地の柄がものすごく可愛い!!

大好きな『かもめ食堂』の荻上監督の作品だけども、
実はたいして期待はしてませんでした。
だって俳優さんはみんな外国の方だし、
日本人はもたいさんだけだし!!(笑)
どうもこうも、ピンとこない。。。
いったいどんな作品なんだろうか・・・??

と思ったんだけど意外と引き込まれてしまったようで。
会話も結構あるので、眠くなる心配もありません(笑)
ビックリなのは、もたいさん全くしゃべらないからね!!
一瞬ボケてんの?って心配になるくらい、
ほとんど食べないし何の関心も示さない。
あるのはトイレの後の、深ぁ~いため息だけ。
なに?えっなになに??みたいな(笑)

最初、この3兄弟がどうしよーもなくってね。
それがさー、最後にはなんだか愛おしく思えてきちゃうんだもん。
ステキな作品だわよ。

兄モーリーはピアニストなんだけども、
そんなこと絶対にないだろうってくらいな日々なんですけど
いやぁ~これがまた芸術的感性を持ったお方なんですね。
チラシとかに出てくる可愛い柄はなんだろうと思っていたのですが、
モーリーがミシンで縫い始める布地の柄だったんですね!
って、スカート縫ってるし。なんでっ!?(笑)

モーリーのピアノがめちゃめちゃ感動的で、
心奪われてしまいます。・・・スカートを抜けば(笑)

そんなモーリーが言った
「欲求に理由なんてないよ」って言葉が印象的でした。
もうスカートのことは追求しません!!(笑)

なんも言わず表情だけで演じぬいたもたいさん。さすがっす。
一言だけ!
一言だけしゃべりますっ!
もうそれだけでいいんです。ぐっときちゃいます。涙です。

トイレットの謎で言えることは、TOTO様さまってことです。
これぞ日本の誇れるテクノロジー!!


監督・脚本:荻上直子
出演:アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デイヴィッド・レンドル、サチ・パーカー、もたいまさこ
トイレット
スポンサーサイト
  1. 2010/08/29(日) 21:34|
  2. 邦画
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。