オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 借りぐらしのアリエッティ 』

人間に見られてはいけない。

14歳のアリエッティは父と母と三人で人間の家の床下で暮らしている小人の少女。生活に必要なものを人間たちから借りてきて暮らしていた。「人間に見られてはいけない」という掟を守りながら生活しているが、ある日アリエッティは人間の男の子に姿を見られてしまう。

「借りって楽しいね!」

それはいいんですけどね。
めっちゃ見られてますけどね。
しかも角砂糖落とすしぃ~~~おいーっって(笑)

小人の目線から描いた世界観は面白くって、
だんごむしとかお手玉代わりにしちゃうからね(笑)

男の子が安静にしてる部屋にからすが飛び込んできて、
網戸に頭つっこんで騒ぎまくるんですけど、
それがもう、めちゃめちゃ怖くてですね。
インパクトありすぎでした。。

声といえば、志田さんはものすごく上手で、
普通に声優さんのように自然でしたね。
神木くんはもちろん癒しだし、
三浦友和もどっしりとしたお父さんって感じで。
ただ!
ただ、お母さんの声の大竹しのぶだけは
ものすごく浮いていて、ちょっと残念でした。

途中、神木くんが(神木くんじゃないけども)
「残酷だけど、キミたちは滅び行く種族なんだよ」
ってアリエッティに言うセリフがあるんですけど、
こりゃまたハッキリと言いましたなって、なんかショックでした。
監督がどうしても残したかったセリフっていうのは、
このことなのだろうか・・・?

物語のラストは非常にスッキリしない終わり方で、
あれ?おしまい??っていう・・・。
で、どうなったのよ?と突っ込みたくなります。
何も解決しないまま、男の子の心臓の手術もどうなったのか、
アリエッティも無事引越しできたのか、
いろいろなことが中途半端に終わってしまったように思います。
もっと、めでたしめでたし的な終わりが良かったです。


企画・脚本:宮崎駿
監督:米林宏昌
声:志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林
借りぐらしのアリエッティ
スポンサーサイト
  1. 2010/08/01(日) 16:06|
  2. 邦画
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。