FC2ブログ

オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 ゴールデンスランバー 』

人間の持つ最大の武器って知ってるか?
   ―“習慣”と “信頼” だよ。


野党初となる金田首相の凱旋パレードの真っ最中、首相の頭上で爆発が突如起きる!現場付近では宅配ドライバーの青柳が、大学時代の友人・森田との再会を果たしていた。「お前、オズワルドにされるぞ」という謎の言葉を森田から告げられるやいなや、警官たちが青柳に向けて発砲してくる。理由もわからず逃げる青柳は、無実の首相暗殺犯に仕立て上げられていく。大学時代の友人・恋人、職場の同僚、そして家族。人生に関わってきた人々の助けや励ましの中、仙台一帯に張り巡らされた包囲網をかいくぐっていく―。


すごい緊張感ですぐに引き込まれる。

見終わった後に溢れる幸福感。

この間のフィッシュストーリーもそうでしたけど、
なんだかこう、幸せな気持ちになれるんですよね~。
なんでしょ。
こういうのをハッピームービーっていうんだろね(?)

始まって早々、首相暗殺でかなりびっくりさせられるんだけど、
そこからの緊張感とか緊迫感、どきどきがとまらないし
のめり込みの速度がハンパなく上がっていきます!!

どうして犯人に断定されたのか、まったく予想できずに
物語は進んでいくのですが、
森田が言った、“信頼”を武器に青柳は逃げる逃げる。
その信頼がときに涙を誘うんですよ!!(涙)

あれだけテレビの報道やらで犯人だと取り上げられる中で、
彼のことを“本当に知っている”人たちは、
犯人ではないと信じきっているんです。
同僚が言った
「どぉ~せ、お前じゃねぇんだろ?」
のセリフに堺さんと一緒にウルッときてしまったよ。

そう、この逃亡を助けるのは、
青柳のことを“本当に知っている”人たちの“信頼”する力なんだよね。

合間合間に流れる、斉藤和義の曲がまたカッコいい!!

だいたいいつも出演している濱田岳は今回も出てました!(笑)
でも今回はなんだかいつもと違う・・・。
あの頼りない感じの役とは違って、キルオ(連続殺人犯)の役だもんね。
すんごい身軽で走り回る飛び回る、チャリンコから飛び降りる。
頭もきれる。そんな感じで意外とまた合ってたりするんだよな~。

物語をサスペンス的に観てしまうと、
それこそ犯人がわかるわけでもなく、事件の真相もわからないままなので
スッキリしないかもしれません。
でもそんなのを吹き飛ばしてしまうくらい、
この物語の描きたかったところのほうがズンと胸に来て
幸せな気持ちで終われるのです。


監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎
出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之
ゴールデンスランバー
スポンサーサイト
  1. 2010/01/30(土) 19:05|
  2. 邦画
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。