FC2ブログ

オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 サヨナライツカ 』

「人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと 愛したことを思い出すヒトとに分かれる」

東京に妻を残し、バンコクに赴任したエリートビジネスマンの豊は、妖艶で美しい女性・沓子と出会う。一瞬にして惹かれあった二人は、互いに求め合い逢瀬を重ねていく。だが二人の別れのときは、確実に近づいてきていた。


一瞬の恋が、25年の時を超える―

なんとなく作品全体の雰囲気が、日本映画っぽくないなぁと。
それは、舞台がタイだからとかそんなんではなくて、
作品の見せ方とかがってことなんだけど。
そう思ってたら、なるほど、監督は韓国人ではないか。
そこで疑問なんですが、監督が日本人ではないと、これって邦画ではなくなるのでしょうか?

まぁ、それはさておき。
中山美穂のなんてエロいこと!(笑)
原作を書いた旦那様の辻仁成がどういう気持ちでこれを見るのかと思ってしまうよ。

誘ったのが女性からってのが、まずビックリだったし、
いきなりパンツ脱いじゃうとことか、
言葉なく突然やっちゃうとことか・・・
とにかくドキドキしっぱなしでした(焦)

西島さんがあんな細身な感じだけど、
意外と脱ぐと、あらっ!胸筋が・・背筋が・・・と
ステキな身体をしていたのですよ。
変な視点でスミマセンね!!(笑)

すごく魅力的で美しい女性・沓子。
だけど彼女が何をしている人なのか、どうしてホテル暮らしなのか、
なぜそんなにお金があるのか・・・
わからないことだらけだが、二人が惹かれていく様子だけは
はっきりとわかった。

全体的な感想としては、う~ん・・・
なんだかまとまらないな~っていう印象でした。
前半はもちろん二人の酔いしれていく恋がメインなんだけど
後半は夢のこととか息子のこと、仕事のこととか
かきたいことが散在しているような感じがして
もうちょっと絞っても?なんて思ったり。

自分が死ぬとき思い出すのは、どっちだろう・・・?


監督:イ・ジェハン
原作:辻仁成
出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー
サヨナライツカ
スポンサーサイト
  1. 2010/01/23(土) 23:51|
  2. 邦画
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。