オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 サンシャイン・クリーニング 』

崖っぷちの姉妹が見つけた仕事は・・・!?

家族、仕事、恋・・・どれも器用にできないローズとノラの姉妹は、大金を稼げると聞いて事件現場をクリーニングする、ちょっと危ない清掃業を始める。その名も“サンシャイン・クリーニング”。
事件現場にぞっとしたり、ノウハウも分からない二人だったが、段々と仕事も舞い込むようになってきた。新しいビジネスで、二人はようやく本来の自分を取り戻し始めていたが・・・。


『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデュースチーム再び!!

切なさと爽快感のハッピードラマ。

あの黄色いバス『リトル・ミス・サンシャイン』の~なんて
言われたら、そりゃ観ないわけないじゃない!
ってことで観てきました。

何をやってもダメダメな感じを冒頭ではこれでもかってくらい
押し出してきますね(笑)
姉妹である二人が人生に対してものすごく不器用なんです。
「ほんとダメだな~私って・・・。」
みたいなのが今にも聞こえてきそう。

でもお互いにそれぞれがダメだからこそなのか、
二人で一緒に始めるクリーニング業は、
彼女たちにとってすごくプラスに作用して自信にも繋がっていくんです。
やっと彼女たちらしく生きていけるのかな~と
安心できるようになるんだけど、事件は起きてしまう・・!!

気付かされるのが、やっぱり誰でも人生に対して不器用だってこと。
毎日毎日、何かしらに悩んだり振り回されたり、上手くいかないことばかりで
イヤになってしまったり・・・。
そんな中を一生懸命生きていかなきゃいけないんだけど、
少しの光を見つけられればそこからいくらでも広がっていける。

『リトル・ミス~』もそうだったけど、
ダメダメだって全然いいんだって思わせてくれる。
むしろ、ダメって最高だぜー!ってくらいにね(笑)

切なさはいっぱいだったけど、そんな中にも勇気をもらえる作品でした。
黄色いバスと比べちゃうと、もうちょっと笑えるところが欲しかったなって
気もするけど。


監督:クリスティン・ジェフズ
出演:エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、アラン・アーキン
サンシャイン・クリーニング
スポンサーサイト
  1. 2009/08/08(土) 18:05|
  2. 洋画
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。