FC2ブログ

オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 スラムドッグ$ミリオネア 』

運じゃなく、運命だった。

少年ジャマールは、世界最大のクイズショー「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問正解すれば番組至上最高額の賞金を獲得できるところまで勝ち抜いたところで、逮捕された。いまだかつて医者も弁護士も勝ち進んだことはないだけではなく、ジャマールは学校にも行った事のないスラム育ちの孤児だったからだ。そんな彼が一体どうやって答えを知り得たのか?
望まなくても答えを知ることになる少年の過酷な人生と運命が、クイズの答えへ繋がっていく。そして彼がクイズに参加した本当の目的とは―?


アカデミー作品賞受賞!!

エネルギーと夢に溢れた素晴らしい作品!

いや~本当に素晴らしい作品だった。
さすがアカデミー賞総なめにしただけある。
なんともこの作品の持つ力強さに、終始圧倒されっぱなしでした。
その力強さというのが、生命力とかエネルギーとか
まさにインドそのものって感じがして、
この映画がわざわざインドで撮られた意味がわかる気がしました。
この雰囲気は、インドじゃなきゃ出せなかったんじゃないかな。

そして、激しく切り替わるカメラワーク。
モノの映し方や映像も素晴らしいし、
そのスピード感には圧倒されてしまう。
そこに生きている人々の息遣いが今にも聞こえてきそうだ。
合わせて流れる音楽がまた、とても良く合っている気がする。
それって意外とすごく重要ですよね。

クイズ番組自体は、映画の中ではそんなに
長い尺はとってない。
なぜその答えを知っているかを、その都度彼の人生を振り返る形で
描いていく・・・。
その人生はとても過酷で、スラムから生き残るための様々な経験が
答えに繋がっていくのだ。
そこには残酷さはあるが、ずっと彼が忘れずに持ち続けた“愛”が
ブレることなく残っていて、夢や感動も一緒に運んでくれる。

ラスト、兄サリームとジャマールの人生が
まるで対照的に同時に描かれるが、
そこに複雑な気持ちを含んだ大きな感動があって、
思わず涙してしまった。

ジャマールの人生を4択のクイズで描き始め
ラストにその答えを
「D.運命だった」
でしめる構成も素晴らしい。


監督:ダニー・ボイル
脚本:サイモン・ビューフォイ
出演:デーヴ・パテル、フリーダ・ピント、イルファーン・カーン
スラムドッグ$ミリオネア
スポンサーサイト
  1. 2009/04/19(日) 17:06|
  2. 洋画
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。