オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 ヤング@ハート 』

それでも、人生は素晴らしい。

アメリカ、マサチューセッツ州ノーサンプトン。1982年にヤング@ハートというコーラス隊が誕生した。歌い手たちの平均年齢は80歳。彼らは一年に一回のコンサートに向けて、コールドプレイ、ソニック・ユース、ラモーンズ、ボブ・ディランの曲の猛練習を重ねていく。しかし本番2週間前にメンバーの一人が他界してしまうという悲しい知らせが届く。それでも仲間の死を乗り越えて歌い続ける。歌うことが生きることの彼らの姿に感動が生まれる、真実の物語。


いっぱいの元気をもらえる。

愛の詰まった素晴らしいステージ!!

こんなお年寄りが、ロックコーラス!?
なんて驚いてしまうのだが、
好きな音楽を尋ねてみると、「クラシック」と答える。
なんだぁ~と拍子抜けして笑ってしまう。

もちろん練習が大変で先行きが不安になるのは言うまでもない。
初めて聴いた曲に、呆然となるおじいちゃん、
ボリュームが大きいと耳を塞ぐおばあちゃん。
唖然とした顔で固まってる姿がまたおもしろい(笑)

リズムにのるのが大変。早口の歌詞が言えない。
などなど、まとめる指揮者のボブは大変そうだが、
年寄りだからとかって容赦はしない。
その厳しさが、このグループの素晴らしいステージを生み出すんだから。
なんだかんだ言って最終的には形になってる。
それだけじゃない。
彼らのステージは、ものすごく温かくて愛があって
それでいてものすごいパワーがある。
観客も巻き込んで、それはそれは拍手喝采(ときには爆笑)の大盛り上がり!
みんながスタンディングオーベーションで、ステキで立派なステージなのだ。

本番までの日々の中で、彼らはメンバーを二人失うことになる。
それでも彼らは歌い続ける。
怯みはしない。
亡くなったメンバーが一番望んでることが何なのか、みんな知ってるから。

彼らの歌はそんな様々な気持ちも含んでいるから
ものすごく厚みがあって、心に染みる。
なんでこんなに涙が出るんだろ・・・。
ものすごいパワーを持った命の歌が人々の心に響くのに、理由はいらないのだ。


監督:スティーヴン・ウォーカー
出演:アイリーン・ホール(92歳)、スタン・ゴールドマン(75歳)、フレッド・ニトル(80歳)、ドーラ・モロー(83歳)、ボブ・シルマン(指揮者)、他
ヤング@ハート
スポンサーサイト
  1. 2009/01/25(日) 21:43|
  2. 洋画
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。