FC2ブログ

オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 ぐるりのこと。 』

ぐるりのこと。―自分の身の回りのこと。

何事もきちんとしたい妻・翔子(木村)と、ひょうひょうと生きる法廷画家の夫・カナオ(リリー)。初めての子供の死・妻のうつ・・・二人の間に起こる様々な困難。それでも一つずつ、ふたり一緒に乗り越え生きていく。どんなことがあっても決して離れない夫婦の時の流れを、丁寧に描く。


ささやかだけど、大きな幸せ。

ゆったりと心にしみ入る―。

私もリリーさんと結婚したいわ。。
リリーさんならオッケーです!(笑)

この夫婦の最初のころのやりとりがなんとも可笑しい。
くだらない、といえばくだらないけど、よくその辺に転がってそうな
日常的な会話や口げんかが、微笑ましくてなんとも愛おしい。
思わずくすっとしてしまいました。

木村多江演じる妻の翔子は、なんでもきちんとしなきゃ気がすまない性格らしい。
まるで、「ちゃんとしたい」が口癖のようだ。
物事なんでもルールを決めたがる女って、どうなんだろかね~?(笑)
なにも、夜の行いまで週3とかって決めなくても・・・。。。
そんな性格だからなおさらなんだと思う。
自分の子供が死んでしまうなんて、彼女の計画には無くって、
そんなことになってしまった現実すら受け入れることが難しく、
ちゃんとしたかったのに・・・と自分を責めてしまう。
そりゃ、鬱になりますわよ。
夫がひょうひょうとしたリリーさん(カナオ)で、ほんと良かった!!うんうん。
少し言葉足らずかもしれないし、何考えてるかわからないときもあるかもしれないけど、いっぱいいっぱいでパニックになってしまう翔子を、それはそれは大きな容器で包み込む。
すべてを黙って、しっかりとやさしく受け止めてくれる。
あぁ~ステキっ!!(笑)
翔子からしたら、どんなに心が休まったことか。
どんなに安心したことか。再生できたのも、カナオがいてこそです。
人と人のつながりが何よりも大きいってことを改めて感じさせてくれました。

カナオは法廷画家なわけだけど、何回かある裁判のシーンで
犯罪者に、加瀬亮だったり新井浩文だったりが、さりげなく出演して
すごい演技してましたね。。
うん、なかなかアレはすごかった。

男と女。夫と妻。
観る世代によっては、見え方感じ方が変わってくる作品。
憧れてみるもよし。そうなんだよね~なんて納得するもあり?
数年後観たらまた変わってくるんだろうね。


監督:橋口亮輔
出演:木村多江、リリー・フランキー
ぐるりのこと。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土) 22:14|
  2. 邦画
  3. | cm:2
  4. | tb:0

comment

はじめまして。

私も今日「ぐるりのこと」を観てきました。
私も嵐のシーン感動しました。

実際に母が今、空の巣症候群という症状で木村さんが演じていた女性のような状態になっています。

自分では感情をどうやってもコントロールできなくて、身近な人に自分の必要性を求めています。

そういうこともあり、
このシーンでは、母のことを思い、泣いてしまいました。

トラックバックさせていただきました。
ありがとうございます。
  1. 2008/06/28(土) 23:16 |
  2. url |
  3. M
  4. [編集]

>Mさん

コメントありがとうございます。
嵐のシーンはなんとも胸が締め付けられるような思いでした。。
私もカナオの「嫌われたっていいじゃん。好きな人にもっと好きになってもらえたら、そっちのほうがいい。」っていうセリフには、心が温まりました。ステキですね~。
  1. 2008/06/30(月) 21:04 |
  2. url |
  3. オバ
  4. [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。