FC2ブログ

オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 人のセックスを笑うな 』

恋におちる。世界がかわる。

19歳の美術学校生のみるめ(松山)。リトグラフの授業の講師で来ていた39歳のユリ(永作)と出会い、その気まぐれで自由奔放なユリの魅力に吸い込まれるように恋におちた。初めての恋に有頂天のみるめだが、実はユリが結婚していたことを知る。恋する切なさ、楽しさ、滑稽さが観るものすべての胸をしめつける。


せつなさ100%。

思わず抱きしめたくなるような世界観。

本当に本当に楽しみにしていましたよーー!!
あの予告は、ずるいくらいにヤバかったもんな~。
予告だけであんなキュンとして、もうこの世界観がたまらんっ!ってなっちゃうってすごい。
劇中も何度か流れて、口ずさむシーンもあるあの曲も、
本当にあってると思うし、かなり大好きな曲です。
着メロにしちゃうくらい。

まだあどけなさが残る、とっても良い感じのみるめも良いけど、
何がすごいって、永作さん演じるユリの魅力!!!
女性の私からしても、かんなり魅力的!
これは言い切ります、はい。
んもう、本当に可愛らしいし、あるときは子供みたいにはしゃいで、もちろん大人の女性を感じさせるときもある。ちょっと不思議な言動も、その仕草も、細かいところまでヤバイくらい魅力的。
う~む・・・なんて羨ましい(笑)

その二人のキスシーンとか抱き合ってるところは、
初々しさが残ってて、まったくエロさは感じられないし、
なんていうかものすごく幸せな気持ちにさせてくれる。

キュンとするシーンなんて数えられないくらいにあって、
よくもまぁ~わかってらっしゃる、といいたいくらいに
急所を射抜いてくる(笑)
そういう意味で、この作品全体が抱きしめたくなるような可愛さを持ってるのだ。

誰しもが必ず、自分の好きなシーンを見つけられる作品だと思います。
女性はもちろん、男性だってね。
あのロバもかわいいったらないね、まったく。
ちょこちょことキーワードみたいに出てくるけど、
ユリが、寝てるえんちゃんにロバの置物でブシッてやるとことか好きですね(笑)
あとは、リトグラフの絵の中にも描かれていたし。
リトグラフ、やってみたいな~。。

みるめの台詞で、
「携帯に出たら、逢いたくなっちゃう」
ってのがあって、なんかもうキュンとしちゃったね。
あとは廊下歩いてて、急にドアが開いたと思ったら引きずりこまれて・・・☆○▲◎★みたいな(笑)
こういうの、私は結構好きです(爆)
ユリは意外とさらっと流してましたけどね。
まぁ~そこが彼女らしいのだが。

そんなみるめに恋して行き詰ってる、蒼井優ちゃん演じるえんちゃんもまた
可愛らしいんだ~。ブーたれてるとことか(笑)
若干、長く感じる作品でしたが、トータル的にはグッドでしょ。


監督:井口奈己
出演:永作博美、松山ケンイチ、蒼井優、忍成修吾
人のセックスを笑うな
スポンサーサイト
  1. 2008/03/23(日) 18:16|
  2. 邦画
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。