FC2ブログ

オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 チャプター27 』

ジョン・レノンは僕のもの そう、彼は絶対に僕のものだ

1980年12月8日ニューヨーク、ダコタハウスでジョン・レノンが殺害された。
偉大なるミュージシャンをこの世から永遠に奪った男の名は、マーク・デイヴィッド・チャップマン。
犯行の瞬間、彼が手にしていたのは不朽の青春小説「ライ麦畑でつかまえて」と38口径のリボルバーだった。彼を犯行に駆り立てたのは一体なんだったのか?いま歴史的事件の真実が明らかになる。


明らかになる・・・って、ねぇ?
これは明らかになったといえるのか?
まったく理解不能のままでしたよ(笑)
ほんと、よくわからんってのが、正直な感想です。。

チャップマンがジョン・レノン殺害までの3日間を克明に描いているのは
分かりますけど、なぜ殺さなければならなかったのか?
その疑問は、作品を観終わったあとでも、気持ちわる~く残っている。
彼のことが好きすぎて・・・?
作品ではあまり深入りされていない「ライ麦畑でつかまえて」が気になる。
この作品を読んだことのないだけに、さらに気になる。。。
もしかしたら、その27章になにか答えのようなものが・・・?
なんて、いろいろ考えを巡らせる。

これは、読んでみるしかないかっ!?(笑)

とにかく後味が悪い作品でした。


監督:J・P・シェファー
出演:ジャレッド・レト、リンジー・ローハン、ジュダ・フリードランダー
チャプター27
スポンサーサイト
  1. 2008/03/02(日) 18:03|
  2. 洋画
  3. | cm:2
  4. | tb:0

comment

はじめまして。

「ライ麦畑でつかまえて」を読んでから見ると“少し”は理解が深まると思います。チャップマンはこの物語の主人公になりきってますから。
でも、この本が正直読みにくいかな、と思います。村上春樹さんの訳のものが一番新しくて、私は見に行く前から読み始めましたが、読みにくくてまだ読み終わってません;
あと、この物語は26章までです。チャップマンがその続きを、27章を作っていくような意味なんでしょうね。
私は、この物語と、「ジョン・レノンを殺した男」を読み終わってから、もう1回この映画を見ようかなぁと思っています。

失礼しました。
  1. 2008/03/06(木) 14:04 |
  2. url |
  3. k
  4. [編集]

> kさん

コメントありがとうございます。
そうだったんですか~!!26章までだったなんて・・・さらに「ライ麦~」を読んでみたくなりました。そしたら少しは理解できるでしょうか。貴重なアドバイスありがとうございました。
  1. 2008/03/08(土) 16:21 |
  2. url |
  3. オバ
  4. [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。