FC2ブログ

オバの日記

映画と文化に触れた瞬間。

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

『 ONCE ダブリンの街角で 』

人生でたった一度、心が通じる相手に出会えたら・・・

男と女は、恋か友情か心の通じる相手を見つけた。男は穴の空いたギターを抱え、街角に立つストリート・ミュージシャン。女はチェコ移民で、楽器店でピアノを弾くのを楽しみにしていた。そんな二人を音楽が結びつける。一緒に演奏する喜びを見つけた二人のメロディーは、心地よいハーモニーを奏で始める。


素晴らしいハーモニー!

感情をぶつける歌声に、心が震える。

これもまた、音楽のもつ素晴らしさを実感する作品。
冒頭から、街角で感情的に歌う彼の歌声とその姿に
ぐわんぐわんと心が揺さぶられてしまう。
なんて感動的!

そう思ったら、彼はアイルランドの実力派バンド“ザ・フレイムス”のグレン・ハンサードらしく、
そりゃ~人を惹きつける音楽ができるのは納得だ。
彼一人の弾き語りはもちろんだけど、
彼女の登場、そして二人のハーモニーもまた素晴らしい。
心地よく世界が広がってゆく・・・。

一緒に演奏すること、曲を作ることの喜びが
こちらにまで伝わってきて、それは温かな気持ちになる。

レコーディングのシーンで、「変なやつらの録音に付き合ってるんだ」なんて言ってたエンジニアが、彼らの曲を聴いたとたん、満足そうにニッと笑って手を動かし始める。
その瞬間がとっても好き。
そして観ている私たちもきっと、そのエンジニアと同じ気持ちになったはず。
それがまた嬉しくて、ぐっとくるのだ。

あとから知ったけど、これってミュージカル映画らしい?!
全然そんな感じはしなかったけど。
言われてみれば確かに、曲は多かったかな~ってくらい。

二人の音楽が結びついていく心地よさを知ってしまったけれど
お互いにはある事情がある。
それを知っているから、これはONCEであって
それぞれが向かうべき道は他にある。
さよならも言わずに別れた二人のことを考えると
またあの素晴らしいハーモニーが流れてくるようだ。

た~だ!!
凹んでるときに聴くと、さらに落ち込みそう(笑)
涙でるわ。


監督:ジョン・カーニー
出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ
ONCE ダブリンの街角で

スポンサーサイト
  1. 2008/02/11(月) 23:36|
  2. 洋画
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

お訪ね人

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

オバ

Author:オバ
好き:映画鑑賞、フライヤー集め
音楽:ACIDMAN、the pillows、MO'SOME TONEBENDER、THE NOVEMBERS、東京事変(椎名林檎)、aiko

訪問いただきありがとうございます。
映画などの感想を書いています。あくまで私個人が感じたことなので、鵜呑みにはしないでください。感じ方は人それぞれです。だから面白いのです。少しでも参考になれば嬉しいです。コメント、トラバはお気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

映画館サイト

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。